ローンの見直しで利息をカット!

生活が厳しいと感じるときは、出費にムダがないか考えてみる必要があります。

意外と気づきにくいムダはローンの利息で、高金利ローンを利用している人は多くの利息を支払っています。

同じ種類のローンでも金融機関によって金利は変わりますので、どこから借りるかが重要なポイントです。

誰でもすぐに実践できる節約方法としてローンの見直しをおすすめします。

高金利のローンを見直して節約しよう

お金がなくて生活に追い詰められている人は、高確率でローンを利用しています。

ローンを利用しないことが本来は最大の節約になりますが、これは現実的に難しいことでしょう。

若いころから数千万円単位のまとまったお金があればローンは不要かもしれませんが、これだけの金額を貯められる人はほとんどいません。

ローンには先行投資や夢の前倒しという目的があり、例えばローンを利用すれば今すぐにクルマや住宅を購入できるわけです。

お金を借りずに貯金してから実行しようとしても、実現は数年~数十年後になりかねません。

それゆえローン契約をすること自体は悪いことではありませんが、高金利で借入している人が多いのが問題です。

金利は利息に直結してくる数字であり、実質年率18.0%と9.0%のキャッシングを比較すると、完済まで支払うべき利息は2倍も変わってきます。

インターネットが普及した現代ではローン業界にも競争原理のレバレッジが働いて、低金利をアピールする会社が増えてきました。

借りて給料日まで完済するなどの超短期契約なら僅かな金利にこだわる必要はありませんが、数ヵ月~数十年などの長期借入プランになる人はローンを見直してみる必要があるでしょう。

ローンは消費者金融より銀行のほうがお得な訳利息を減らすには短期完済を重視すること

低金利ローンへの見直しにあたっては、毎月の返済額を今までよりも減らさないようにしましょう。

同額または増額するのがコツで、これは利息を増やさないためです。

ローンの利息は金利だけで決まるものではなく、短期完済することが大きなポイントになってきます。

毎月の返済額を減らすと結果的に返済期間が長期になり、低金利ローンに乗り換えしたのに支払い総額が増えてしまう可能性があります。

ローン見直しをするときは完済までのシミュレーションをした上で、どのくらい利息を減らせるのか確かめておく必要があるのです。

複数のローンを利用している人の場合は、低金利ローンで一本化するのがおすすめです。

借入件数が減れば返済日を減らすことができるので、精神的にぐっと楽になるでしょう。

延滞せずにローン返済を続けている人は信用力が上がっていくので、低金利ローンの審査に通過しやすくなります。

そのため若いころは借入できなかったローンの審査に通過できる可能性があります。

ローンの見直しによる節約効果は絶大です

お金がないときはローンの見直しをしてみるのが効果的な節約方法となります。

高金利ローンから低金利ローンに乗り換えするだけで利息を軽減できるのです。

特に自動車ローンや住宅ローンは高額な借入になるので、見直しするメリットが非常に大きいです。

その上で短期完済プランを立てることで、さらに総支払い利息を抑えることができます。