断然お得!スマホ料金を見直して節約しよう

スマホの料金は、毎月使っていると7千円や8千円程度掛かってしまう事があるので、家族全員が持っている場合は大きな出費になるケースが出てきます。

あまり使っていない場合は、数多くの見直しをすればコストカットが出来る可能性があるので、キャリアショップに相談に行ったり、格安simに変更するといった方法で見直しを行う事が大切です。

キャリアショップなどを使って適切な料金に変更

大手携帯電話(キャリア)のスマホを持っている3人家族や4人家族は、料金割引をしていない場合だと2万円台や3万円台に達してしまう事も不思議ではありません。

そんな時は、キャリアショップの料金相談に行くのが良く、携帯電話料金に詳しいスタッフが時間を掛けて適切な料金へ導いてくれます。

完全定額通話か5分の定額通話で基本通話プランを契約している場合は、課金制(通話した分の料金が加算される)のプランを提案されますが、通話をほとんどしない場合はそのプランに変更するのが最適です。

完全定額プランから課金制プランに変えるだけでも1700円程度の節約に繋がり、家族3人で変えれば5千円強のコストカットになります。

更に、インターネットをあまりしていない場合は、必要最小限の家族向けパケットプラン(5GBのシェアプラン)に変更すると、3端末分のスマホ料金は1万2千円強で抑えられるでしょう。

料金プランの見直し作業は30分から1時間程度掛かるのが一般的で、土休日と平日夕方以降は混雑する可能性があります。

平日の日中に働いている方は、ショップに行くのが難しくなってくるので、その際はキャリアの公式サイトから料金プラン変更の申し込みが最適と言えます。

オンライン手続きが苦手な場合は、インフォメーションセンターに電話を掛けて変更する事も可能であり、料金プランに詳しいスタッフが相談に乗ってくれます。

格安simの概要

キャリアのスマホ運用コストを出来る限り抑えたい時に向いているのが、近年話題になっている格安simへの変更です。

格安simは、キャリアの通信回線をレンタルして通信サービスを提供している業者の事を指し、契約を結んでおけばドコモ・AU・ソフトバンクの端末に格安simカードを挿すだけで使い始める事が出来ます。

格安simは、ドコモの通信回線を借りている業者が大半で、ドコモの端末を使っていた方は何もする必要はないものの、AUやソフトバンクの端末を持っていてドコモ回線を使う場合は、simロック解除と呼ばれる操作をしなければなりません。

解除は、キャリアショップ・オンラインのいずれかで行う事が可能で、一部キャリアでは電話による解除も可能です。

解除手数料は、無料で出来るケースがほとんどですが、店舗に行くと3000円強の手数料が掛かるのでオンラインでしておくと節約出来ます。

格安simの料金はどれくらいか

格安simは、音声通話・データ・SMS付きデータの3種類に分かれていて、音声通話には高速データ通信もセットで付いてきます。

高速データ通信が3GB付いている音声通話プランは、1500円前後で提供されているのが特徴です。

動画閲覧をする事が多かったり、外出先でネットをする機会が多いユーザーは、10GBや20GBといった大容量プランを契約しておくと快適にネットが楽しめます。

SMS付きデータプランは、SNSやポイントサイトを使う際に必須となっていて、料金はデータ通信プランより毎月120円から150円程度アップします。

家族向けのシェアプランを提供している格安simもあり、主回線に紐づけた副回線を4つ程度持つ事が出来るので、4人家族なら全く問題なく運用する事が可能です。

4人全員が音声通話を契約したシェアプラン(6GBや8GB)は、5千円台や6千円台という安さになっていて、自宅のネット利用をwi-fiにしておけば割安なスマホ料金で毎月維持出来るでしょう。

端末準備をしておきましょう

格安simは、中古端末に挿して使う事も可能となっていて、インターネットオークション・家電量販店の中古スマホ売り場・リサイクルショップなどで数千円から手に入ります。

補償が無かったり、電池残量が分からない事が多いものの、出来る限り節約したい時に使えるでしょう。

気軽に通信費を抑えられます