あなたもできる!簡単節約術

過去に節約してみようと頑張ったけど挫折した方、節約はしたいけど何をしていいか分からない方など必見です!

この記事はそんな方たちでも簡単にできる節約術をまとめました。

節約することはお金を貯める事と同じです。

節約で浮いた分を貯金にまわしておけば、急な出費の時に役立ちます。

貯金に興味ない方はご自身のご褒美費用にしてみては?

1ヶ月に1回でも普段と違う少し豪華な食事をするだけでも幸せになれるはずです。

簡単にできる節約術をマスターして節約上手になっちゃいましょう!

節約を始める前にお金の流れを知っておこう

節約を始める前にお金の流れを知っておこう

節約を始めるなら知っておかないといけない情報があります。

それは1ヶ月にいくら使っているか。

そこで役に立つのが家計簿です。

家計簿をつければお金の流れを知る事ができます。

何にどれだけのお金を消費しているかが視覚的に分かるので、どこでお金の無駄遣いをしているかも分かりますよね。

家計簿のつけるとなると少し前まではノートに書く事が一般的でした。

自分で書く事によって、金銭の出入りを記憶しやすく忘れ難いというメリットが得られます。

しかし家計簿を書くのは意外と面倒で時間がかかってしまいますよね。

そんな方におススメなのが家計簿アプリです。

簡単だから続けられる家計簿アプリ

家計簿アプリはスマホにダウンロードするだけで簡単に利用できます。

家計簿アプリを利用すれば往来の家計簿をつける際に面倒だった入力や計算は必要ありません!

スマホのカメラでレシートの写真を撮るだけで自動入力してくれます。

スマホさえあればどこに居ても家計簿をつける事も見る事も可能!

操作が簡単なので長く続ける事ができますよ。

家計簿アプリで自分のお金の使い方や癖を確認したなら節約生活のスタートです。

1ヶ月使っていい食費を決めよう

1ヶ月使っていい食費を決めよう

食費は毎日かかる費用です。

外食が多いとあっという間に高額になる事も。

しかし高額になりやすい費用だからこそ、少しでも節約できれば大きな成果となります。

だからと言って無理して食費を削るのは心にも体にも悪影響です。

ではどうしたら健康的に食費を減らして節約する事ができるのでしょうか?

それは1ヶ月に使っていい食費を決める事です。

使っていい金額を決めれば計算しながら買い物をするので無駄遣いが減ります。

また、食費とは別に外食費や予備費を用意しておけば急な飲み会や友達の誘いを受けても断らないで済むのでストレスなく食費の節約ができますよ。

買い物の回数はなるべく減らす

1ヶ月の食費を決めても、その金額を超えてしまう事もあると思います。

そこで決めた金額を守る為には無駄な買い物をしない事が大事です。

スーパーには様々なものが置いてあり美味しそうなものが溢れています。

惣菜やパンなどの良い匂いがすると欲望に負けて衝動買いしてしまうかもしれません。

特にお腹がすいている時の買い物は危険なので気を付けましょう。

衝動買いを何度も繰り返していれば出費は嵩んでいきます。

そこで衝動買いの数を減らす為に買い物の回数を減らす事を心がけてください。

買い物の回数を最低限にすれば衝動買いする数も減るので自然と節約になりますよ。

実は食費を節約する方法は紹介した2つの方法以外にもあります。

紹介した2つの食費を下げる方法をこなす事ができたなら他の方法も試してみてはいかがでしょうか?

食費を下げる方法を知りたい方は節約上手無理なく食費を抑えるテクニック!をご覧ください。

食費の節約は無理をしない事

食費の節約は無理をしない事

食費の節約は我慢した分がすぐに結果としてでます。

しかし結果が出るからと言って食事をしない、食べる量を極端に減らすのは危険です。

我慢する事でストレスを大きく溜めてしまう事も。

ストレスは体と心に大きな悪影響を及ぼします。

気づいたら、反動でいつもよりも高級な食事を繰り返しているなんて事もあり得ます。

ただ失敗するだけなら、まだ良いですが高級な食事が癖になってしまい節約を始める前よりも出費が多くなってしまう事も!

食費の節約をするなら無理なくストレスを溜めないようにしてくださいね。

毎月払う固定費を見直す事で大幅節約できるかも!?

毎月払う固定費を見直す事で大幅節約できるかも!?

家計でかかるお金は大きく2種類に分ける事ができます。

毎月、かかるお金に大きな差がでるものが変動費。

変動費とは違い金額が一定で毎月かかるお金の事を固定費と言います。

例えば家賃や住宅ローン、保険料に携帯代やインターネットの通信費。

他にも新聞代や駐車場料金、光熱費も固定費になります。

これらの固定費は見直す事で大幅に節約できる事も!

そこで見直すべき固定費を紹介します。

金利の低いローンに乗り換えて利息を減らそう

金利の低いローンに乗り換えて利息を減らそう

ローンを使えば高額な費用を分割で払う事ができます。

しかし購入分の金額を全て払い終えるまで利息を払わなくてはいけません。

利息として払う金額は金利によって変わってきます。

例えば1年間で金利20%で100万円借りた時に発生する利息は20万円。

金利15%で100万円借りた時に発生する利息は15万円、2つを比べると5万円もの差がでます。

もし何かのローンを利用しているなら金利を確認してみてください。

特に住宅ローンは金利が時間経過によって変わるタイプを利用している方が増えました。

低くなる分には嬉しいですが勿論、上がる事もあります。

もし、想定していた金利より高くなってしまった場合は金利が低いローンに乗り換えを検討しましょう。

普通のローンよりも審査が厳しい事もありますが、乗り換える事ができれば利息を減らす事ができるので節約にも繋がります。

保険を見直して不要なオプションは外してしまおう

保険を見直して不要なオプションは外してしまおう

保険には医療保険や生命保険、車両保険など様々なものがあります。

将来起きてしまうかもしれないリスクに備えて毎月一定料金を払っておく事で、起きてしまった病気や事故などの損害でかかる費用を保険会社が保証してくれるサービスです。

便利な保険ですが加入している保険のオプションが多いほど払う保険料は高くなっていきます。

もし保険料が高いと感じてる場合は保険のオプションが本当に必要なのか確認してみてください。

必要のないオプションを外す事で保険料が安くなるので節約にも繋がります。

意外と高い!携帯料金

意外と高い!携帯料金

近年、携帯やスマホはなくては、ならないものになりました。

連絡手段でしかなかった携帯が写真や動画を撮って保存できたり電子マネーをチャージする事によって買い物もできます。

本当に便利な機能が増えて嬉しい限りですよね。

ですが最近の携帯料金、高すぎませんか?

大手3社の携帯料金は余計なサービスを使用していなくても、月額料金が1万円をオーバーすることも珍しくありません。

例えば毎月1万円を支払っていれば年間で12万円。

4人家族で全員の料金が1万円だった場合、1年間で48万円も消費しています。

この大きな消費を減らせる節約術として有効なものが、格安スマートフォンの利用です。

格安スマホを利用して節約

格安スマートフォンであれば、大手のスマートフォンよりも月額料金が安いケースが多くあります。

使い方によっては月額料金が1000円程度で済むこともあります。

例えば4人家族全員の月額料金が1000円だった場合、4人で4000円。

大手のスマートフォンを使用した時にかかる費用、1万円前後より6000円も変わってくることになります。

4人家族で全員が月額料金1000円だった場合で考えれば、年間では43万2000円分の節約。

大手の携帯会社を利用しているけど、安い方が良いという方は格安スマホに変えてみてはいかがでしょうか?

ほとんどの方が大幅に携帯料金を大幅に安くできるはずです。

しかし今、使ってる携帯やスマホの機種を変えたくないという方も多いと思います。

そんな方は格安SIMを利用してみては?

格安SIMなら携帯やスマホはそのままで月額料金を下げる事が可能です。

格安SIMについて詳しく知りたい方はコチラ。

参考にどうぞ。

クレジットカード払いで節約

クレジットカード払いで節約

普段のお買い物や光熱費は現金で払うよりクレジットカードで払った方が節約になります。

何故かと言うとクレジットカード払いにすれば払った額に応じてポイントが付与されるからです。

貰ったポイントは景品やギフト券と交換、または電子マネーにチャージすることも可能となっています。

加えてクレジットカードで支払うと明細が届くので家計簿と合わせればよりお金の管理がしやすくなりますよ。

ただしクレジットカードのポイントで景品を交換する際には損してしまう可能性もあるので注意が必要です。

損をしないポイント交換の方法が知りたい方はコチラをご覧ください。

固定費はの中で少し変わった立ち位置にいるのが光熱費です。

基本的には毎月かかりますし支払う金額もそれほど差はでません。

しかし季節によっては支払う金額が上がる事も。

ですがそんな光熱費も節約術を使えば安くする事が可能です!

光熱費を節約する方法

光熱費を節約する方法

光熱費とは生活する上で絶対に必要な電気やガス、水道の利用にかかる費用の事です。

生きていれば他の固定費と違いほぼ確実に一生払い続けるであろう光熱費を節約する方法を紹介します。

  • 電気のアンペアを下げる・家電を買い替える
  • お風呂に蓋をする・電子レンジを利用
  • 流しっぱなしにしない・節水グッズを使う

3つともそれぞれ節約できるポイントが幾つかあります。

分かりやすいように分けて紹介しますね。

電気のアンペアを下げる

契約している電気アンペアを確認してみましょう。

東京電力の場合なら50アンペアから30アンペアに変更すれば500円は基本料金が下がります

40アンペアから30アンペアでも300円ほどダウン。

アンペアが下がる事で電気量が少なくなって、ちゃんと使えるの?と思うかもしれませんが一般的な家庭なら30アンペアあれば問題ありません。

自分が契約しているアンペアが知りたい場合は電気会社から来る請求書を確認すればOK。

アンペアを下げるには工事がいりますが、基本的には電気会社が無料で工事してくれます。

ただし、アパートやマンションといった集合住宅は管理人の承諾が必要な場合もあるので確認する事を忘れずに!

家電を買い替える

もし、あなたの家で10年以上利用している家電があるなら買い替えた方がお得です。

最新の家電製品は昔の家電に比べてかかる電気代が大幅に安くなりました。

その為、古い家電を使っている場合と、最新の家電を使っているのでは電気代に大きな差がでています。

冷蔵庫なら10年前より消費電力が約3分の1になったようです。

消費電力が少なければ当然、電気代も安くなります。

10年以上使ってる家電がある場合は買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

お風呂に蓋をする

家計のガス代で一番の割合を占めっているのはお風呂です。

ガス代を節約する為に沸かしたお風呂に蓋をしましょう。

お風呂に蓋をすると温度が下がりにくくなるため、追い焚き機能を使わないですみます。

お風呂の蓋が無い場合は100円ショップで購入できる保温シートがおススメです。

電子レンジを利用

料理を作る際やお湯を沸かす際には火を使うのでガス代が発生します。

煮物などを作る場合は長時間、煮る事になるのでガス代がかかりやすいようです。

そこで下ごしらえとして煮る予定の野菜をラップにくるんで電子レンジで加熱しておきましょう。

ガス代よりも電気代の方が安いので節約になります。

また、お鍋に蓋をする事で調理時間を短くすることができます。

調理時間が短くなればガス代も自然と節約できますよ。

節水グッズを使う

節水グッズを使えば40%から50%もの水の使用量を減らす事が可能です。

水の使用量が減れば当然ですが水道料金も安くなります。

そこでおススメなのが節水型のシャワーヘッドです。

ホームセンターや家電量販店で二千円程度で購入可能。

節水型のシャワーヘッドを利用するとなると気になるのは水圧ですよね。

しかし最近の物は水圧に違和感なく使えて節水効果も高いようです。

流しっぱなしにしない

洗い物をしている時にやりがちなのが水の流しっぱなしです。

水の流しっぱなしが多いとせっかく節水グッズを使っても意味はありません。

水道代を節約したいなら洗剤を流す時だけ水を出すようにしましょう。

加えて桶などに水を溜めておき、お皿をつけておく事で汚れが落ちやすくなるため少ない水で綺麗に流す事ができます。

節約生活を続けたいなら目的を決めよう

できる事から始めるのが節約への近道

今回、紹介した節約はどれも簡単にできる事ばかりです。

ですが節約生活を続けたいなら目的を決めて、やる気を失わないようにしましょう。

慣れないうちからアレもコレも手を出すと、すぐに限界がきてやる気がなくなってしまいます。

例えば旅行や高級なレストランに行く費用を節約で浮いた分で賄うなどと決めておけば、やる気がでますよね。

しかし最初から大きな目標を決めてしまうと目標達成の前に挫折してしまう可能性が高いです。

最初は簡単な目標から決めていき達成できる喜びを感じてください。

少しずつ目標のレベルを上げていけば自然と節約する事がライフスタイルの一部になっていきますよ!